securitybouhannews

防犯、防災、安全、セキュリティに関連する話題と動画-空き巣、強盗、事務所荒らし、店舗荒らし、口コミ情報。

「イモビカッター」、条例で全国初の所持規制へ

愛知県警は31日、自動車の盗難防止装置を解除する機器イモビカッターの所持などを規制する条例の制定を目指すと発表した。

自動車整備士など業務で必要なケースを除いて所持や販売、授受を禁じ、違反者には罰則を科す方針だ。「安全なまちづくり条例」を改正するか、新たな条例を作るといい、6月にも県議会に条例案を提案する予定で、成立すれば全国初となる。

イモビカッターは、たばこの箱ぐらいの大きさで、自動車に取り付ける電子ロック式の盗難防止装置「イモビライザー」に接続すると機能を解除できる。一般には流通しておらず、インターネット上などで売買されている。

昨年、全国でイモビカッターを使ったとみられる自動車盗は3033件あったが、このうち4割強の1287件は愛知県で発生した。同県の昨年の自動車盗は5026件で、4年連続で全国ワースト1。県警は、「イモビカッターを使う窃盗グループが犯行を繰り返している」とみており、条例で独自に規制する必要があると判断した。条例が被害抑止につながることを期待している。

イモビカッターを巡っては、愛知県警は昨年1月、自動車窃盗グループに販売した男について、「車を盗む目的以外での使用法はあり得ない」として、窃盗ほう助容疑などで逮捕。イモビカッターの悪用に対し、強い姿勢で臨んでいる。

読売新聞 1月31日

 | HOME | 

最近のエントリー


カテゴリー


フリーエリア


リンク


検索フォーム


フリーエリア

セコム、alsokなど警備会社と買取式セキュリティシステムとの価格と機能の比較
セコム、alsokなど警備会社と買取式セキュリティシステムとの価格と機能の比較。

警備料金の経費削減、コスト削減に。

警備会社からの切り替えに。事業所用防犯システム。


DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約

おすすめ商品

空き巣被害にあったら?被害届などの対処法
空き巣に入られたら?空き巣に入られたときの被害届などの対処法。 印鑑、カード、預金通帳、保険証など個人情報に伴う紛失物。

事務所荒らし、店舗荒らしの窃盗被害にあった時の対処法とチエックポイント。
事務所荒らし、店舗荒らしの窃盗被害にあった時の対処法とチエックポイント。 印鑑、預金通帳、カード、小切手、手形など紛失物の手続き。

ホームセキュリティ比較と価格、セコムなど警備会社と買取式の自主機械警備の機能と費用の違い
ホームセキュリティ比較と価格、セコムなど警備会社と買取式の自主機械警備の機能と費用の違い


RSSリンク